個性派

  • カテゴリ:路地裏
  • コメント:0件
DVC00409.jpg


・・・どんなパーマネントを当ててくれるのでしょうか?

・・・電髪?


IMGP0743.jpg


なんといわれてもサンゴです


今年も あと僅か さーて 年賀状でも書こうかな? 
書かなきゃいけねぇーのか! 面倒くせぇーな(笑)
スポンサーサイト

クリスマス・イルミネーション  メイキング

今日 初めて遊びに来てくれた方 今回は前回のメイキングを
やっています ひとつ前のブログを見てからの方が判りやすいと
思いますので よろしくです

さて、前回分をしっかりご覧になって下さった皆様
今回はディレクターズ・カットで御座います(ただのダメ出しだろ!)
少々 長くなりますがらトイレを済ませ 食べ物を揃えて集まってください(笑)

DVC00539.jpg

なんだい いきなり 深夜の道路工事かい?
本当はコテコテのストーリー物にしようかと思ったのだが
長すぎても 見ている人が飽きると思って 大幅にカット

これは観覧車前にいたカップルの男の方がバイトをして
ティファニーを買う金を稼いでいるという一幕
ちなみに大学2年生のタカヒロ君で彼女はあずさちゃんという設定
しかしながら 勝手に撮った写真にそんなに脚色しては
マズイのではないか? もしかしたら本人が見ていたりして
この写真につけるキャピションは以下の通り

「おい!兄ちゃん もっと腰を入れて掘らなきゃダメだ!」
「早くしねぇえと夜が明けちまうぞ!」

絵コンテ

えーと これが絵コンテです(ネタ帳だろ!)
考えが なかなかまとまらなかったので
一つ一つを絵に描いてみました どんな技法を使うかなど

IMGP0832.jpg

えーと 1番目のシーン ホントはここで観覧車を日の丸構図でバーンと
抜きたかったのだが5分経っても10分経ってもこの2人がどいてくれない
完全に自分達の世界に入っていると思われ
仕方ないので1.5mぐらい後で撮れば気が付いてくれるだろうと
思ってこの写真を撮ったが気が付く気配なし
そこで 思った「コイツらをいじってみよう!」
それから 今まで撮りためた写真を色々並べかえてストーリを作っていった

IMGP0947.jpg

これをランドマークの展望台から見た街の写真に選んだ
これなら遠くの方まで写っていて広がりがあっていいと
思ったが それよりオレはもっと高さを表現したかったので
となりのビルの屋上を入れた下の写真に差し替えた
これでかなり高さを表現出来たと思う・・・オレはね

IMGP0931.jpg

さて 調子こいて バンバン撮りまくっていたが ある事に気が付いた 下の写真で説明します


無題

これがランドマーク67階の展望台からのショット
左側がバックが写りこんで使い物にならない1枚 右側が反射処理をして
使えるようにした1枚です
1眼レフならPLフィルターをクルリクルリと回して写り込みが無くなったところで
シャッター切ればOK!なのだが コンデジにはフィルターが付けられない
さて どうしたもんか?


写り込み

やっぱり こんな原始的なやり方しかなかった(大汗
ようはガラスが反射しなきゃいいのだから黒い布で
反射を消せばいいのだ ちょうど着ていたフリースを
広げてやった 当然 両手がふさがっているので
セルフタイマーを使う 2秒の方ね これで手ぶれも
なくなるハズ 2秒のセルフはいいね

ただ 何組もいるカップル(ほとんどカップルだったな)の
前でこんなカッコしなきゃならない しかも使っている
カメラが立派なカメラでデカイ三脚でも使っていれば
マニアさんなのかな?と思われて悪い気はしなかったが
コンデジに100均で買ったミニ三脚だぞ!
どうみても必死なオッサンしか見えないだろ!

DVC00485.jpg

おもちゃ屋さんのショーウィンド

IMGP0989.jpg

ティファニー ショーウィンド

このモミの木を通して写真を撮ると欲しい物が手に入る?
そんな話しに持っていこうかと・・・しかし結婚を前提に
付き合っている彼女にならティファニーを無理しても
買ってやるのではないか?というオレの考えでこのシーンも
カットした

だか! このティファニーのシーン 想像して欲しい
50に手が届きそうなオッサンがリュックを背負いながらモミの木の紙切れを
ショーウィンドに押付けて必死に撮っている図を!恥かしくないワケがない!

でも そんなオッサンにティファニーのお姉ちゃんは「いらっしゃいませ!」と
わざわざ店内から出てきてお辞儀をして また静かに店内に戻っていった
しっかりと社員教育が出来ている 流石「世界のティファニー」だけある
オレはてっきり「あの~! 他のお客様の邪魔になりますので・・・」と
言われるのではないかとビクビクしていた(大笑)


撮影モードの差

これは比較のための写真 ティファーニー以降の写真はすべてキャンドルモード
露出補正はマイナス0.3~1あたりだが PCでひとナメしてあるので
実際は露出補正は殆どやっていない状態かも キャンドルモードの理由は
なるべく温かみのある雰囲気を出したかったのでキャンドルモードで撮った
ちょっと古臭いイメージになったがオレ的にはOK!だ まぁ好みの問題だが

IMGP1059.jpg

楽しかったデートを終えて ひとりで家に買える途中
小さなつつじの木が何か言っているように思えた
「モミの木はいいな~!イルミとか付けてもらって いいな~!」
それを聞いた男は自分のケイタイを取り出して・・・・

IMGP1060.jpg

「つつじさん! 今夜はこれで我慢してくれよ! ほら!」

男は他で撮ったイルミの電球2個を写したモニターを広げてつつじの
上において インスタント ツリーにしてあげた・・・
このアイデアがみんなと違うイルミになるハズだった これホントの話

しかし あまりにもセコ過ぎるし 雑すぎる てか つつじじゃなく
ほかの木の方がよかかったのではないか?
しかもケイタイで撮ったイルミの状態が悪い!イルミに見えないもの(泣
そんでもってケイタイのボタンまで光っちゃって思った絵ではない

aa-a.jpg

はい! これが そのイルミのモニター  ね?


編集後記

やっぱ やたらに人と違うものを撮ろうとするのは止めよう(爆
それと 頭の中のイマジネーションを実際の写真にするのは
大変だと再確認させられたテーマでした あとはね
なぜ?人と違わなければならないのか?これについても ちゃんと考えておこう!

IMGP0834.jpg