入選

DSC_4415.jpg


これに応募してみた
自分の写真を売り込むにしても 肩書きが必要になる そういう物がないと信用されないんだ
肩書きなんて興味ないんだけど そうも言ってられない

入選したどー!
他人に認められる事は正直 うれしいものです これでチョットは信用されるのかな?
こんなのをもっと増やせばいいのだろうか?

DSC_0743.jpg

こんな感じの作品
くそ寒い時期にWBを蛍光灯に設定して撮った 面白味がないので
露光間ピン外しでやってみました

露光間ズームじゃねぇーよ! 露光間ピン外しだよ!
何回説明してもわかんないヤツ 結構いるんだよね 自分でやってみれば 全然違う結果になるでしょ?
・・・まぁ いいや

DSC_4335.jpg


次の風はどこから吹いてくるんだろう
スポンサーサイト

温故知新

DSC_0124_201406092230516ac.jpg

デジタル一眼レフカメラを買ったばかりの頃の写真

不思議系の写真が好きだった・・・  今より発想が良かった気がする てか自由だったな

現在は上手く撮ろうなんて  受けようなんて  プロクオリティーがどうのこうのなんて
狙った獲物は逃さなくなったが  そのかわり 型にはまりつつある
クオリティーは現在の方が高いハズ  分かりやすく言えば 無駄が減ってきた(笑)


DSC_2530.jpg


調子こいて こんなのどう?なんてチョット偉そう
そのうち痛い目にあう この程度なら 「写ルンです!」でも撮れるだろう


上には途轍もないほどの上がある 思い知れ!

シーズン4スタート

2月23日は2・2・3・で「富士山の日」でした

DSC_0297_20140302002750e74.jpg

富士山の日にちなんで 富士山の写真展もやっていました

残念ながら私の作品はありません・・・呼ばれてませんから(笑)

私も別の富士山展のオファーが無かったワケではありません オファーなのか社交辞令なのか?
その辺をハッキリさせずに この日のために7ヶ月間も土曜 日曜と平日の夜を富士山展の写真のために費やした
勿論 他の写真も沢山撮ったけどね

1ヶ月前 2週間前 1週間前 3日前 前日 結局 打ち合わせの連絡は無く 2月23日突入!


不思議と悔しいなんて全く思わなかった 虚脱感も全く無し

私と似たような作品が多く展示されていた私の方が良いのもある 歩んで来た道が間違いではなかった


今回の件で「他人から見える自分」ってのを垣間見た気がした 
私が私として存在するために何をすればいいか? よく判った
なんかスッキリした 吹っ切れた  新しいフォトグラファーとして進もう!


最近 気分転換と実用性の向上をかねて備品の改善をしてみた

SANY0106.jpg

980円のデイバックを改造して前面のサイドポケットからカメラとレンズを取り出せる構造とした
300mmの望遠やらフィルター類や小物は上面のメインからエントリー出来る2階建てとした
これにより 今までのようにゴソゴソとデイバッグの中身をガランゴロンしなくて済む


SANY0108.jpg

カメラは相変わらずD5100なんだけど 撮影現場で他のフォトグラファーとの対人関係で
「アイツのカメラはどこのメーカーだ? キャノンか?ニコンか?」
「35mmフルサイズか? それともAPS-Cなのか?」なんて場面が多々ある


違うメーカーのカメラ持っていたら敵対心とかよ
高いカメラ持ってりゃ上手で安いカメラ持ってりゃ下手クソなんて
くだらねぇーと思わない?おしりの穴が小さいのですか?

それが撮影と何の関係があるのか?そんな暇があるなら もっと現場の様子をみよう!

そんなワケで私はNikonの文字を黒く塗りつぶしました
パッと見じゃ何処のメーカーの何てカメラか判らない てか 塗りつぶしている段階で
「コイツはフツーじゃない・・・」って気が付いくればそれでいい(笑)

今回より韋駄天地蔵シーズン4のスタートです
シーズン3と比べて すぐに判るほどの相違点は・・・    無い!
変わったのは私の心構えだけ  特に写真の勉強について何によって学ぶか?


それは・・・


無題


2222


無題22


まぁ そんな感じです

あとは企画モノをしばらくやってみようかと?

1獣1空1花 日本古来の色

1回のUPで動物を1枚と空の写真を1枚と植物を1枚をもって一回分としようかな?
3点が揃うまでUPしない・・・かも(笑)

そんでもって その写真の色を日本古来の繊細な趣のある呼び方をするって事

・・・一応ね(笑)

DSC_0321.jpg

白茶の翼   白茶 : 茶のごく薄い色


DSC_0176_201403021109555f6.jpg


藤鼠の雨雲  藤鼠 : 藤色がかった鼠色


DSC_0331_2014030211104237b.jpg


紅の花  紅 : 紅花による染色の赤

カモメの羽跡 失敗作(ダメ出し) 

DSC_5273.jpg

一緒に考えてみよう!

この写真の手前側にいます 水銀灯がテカーッ!と点灯している対岸のカモメ達を撮りたいです
さて どうやって撮りましょうかね?

1.夜間撮影
2.強風
3.安物の軽い三脚
4.カモメを大きく写したい
5.カモメの動きを止めて撮りたい
6.波間も止めて写したい
7.カッコよく撮りたい
8.腹が減ったので早く帰りたい
9.バッテリーが心細くなってきた
10.明暗差が激しいポイント

以上のような条件で撮影して来ました 完成度は・・・「なんだかな~」って感じ
とても 完成度の高いなんてお世辞でもいえない出来栄えでした


DSC_5232.jpg
(55-300)280mm F8 2秒 ISO 1600



DSC_5253.jpg
(55-300)300mm F5.6  2秒 ISO 1600

133枚も撮ってこんなザマです

300mmだとF5.6って開放なんだよね・・・F2.8のレンズが欲しいところです(汗
まぁ 安物のキットレンズでよくやるよね APSーC機だしね・・・
これが9つの条件を満たした いや 満たしてない作品 ダメ出ししてみよう

1.カモメがブレている
2.波間もブレている
3.対岸さえもブレている
4.波間 白とび
5.羽跡もあまりキレイではない

どうしようもない1枚です どうしたらよかった?

1.絞りを8から5.6にする
2.ISOを3200まで上げる
3.波間が白とびしているのでシャッターSPをもっと上げる

以上の点を考慮して F5.6  4分の1秒 ISO 3200 ぐらいでやってみる?
カモメのブレは減るよね でも カモメの羽跡がちょっとしか写らないよね・・・
もっと「ビヤーーッ!」と出したい この写真で2秒ですからね こんな感じがいい
そんなの無理に決まってんじゃん! 矛盾してんだよ!

私はこのような難しい条件の撮影だと燃えるんですよね(笑)何とかして撮りたい!
でさ 考えたのは 上の状態よりもう少しマシに撮るようにするために以下の方法を試したい

1.望遠は諦めて 広角で撮ってあとでトリミング作戦
2.強風の日は避ける 三脚もブレないし羽ばたきの回数も減る波間も静か
3.羽跡の長さをシャッターSPで調整し それに絞りを合わせる

これで上手くいくかな? 





撮影マナー

DSC_5007.jpg

富士山を撮りに行ったらね 35mmフルサイズで白レンズの先客がいたのさ
私はてっきり富士山を撮っているのだと思ったのね だがら私は自分の撮りたい
位置をあちこち動いて探してさ それから撮影をしてからね
その先客さんに挨拶をしたのね 「夜までやられるんですか?」ってね
そうしたら「アンタのせいで鳥が逃げちゃったよ!」と・・・
とても不愉快そうな顔で私に文句を言ってきた 私は申し訳ない気持ちで
「えっ?鳥を撮っていたんですか?どうもすみませんでした」とすぐに謝った
やってしまった!他人の撮影の邪魔をしてしまった ごめんなさい
大変申し訳ない事をしてしまった 水鳥を富士山の風景の中に入れる予定だったんですね
ずっとシャッターチャンスを粘っていたんでしょうね 申し訳なかった・・・

でも いきなりそんな事を言われたので面食らってしまったのも事実
これからも撮影を続けるなら またどこかで一緒になる場合だってあるのに
なんて口の利き方だ! 初対面の大人同士の会話としてはスマートではない

なんて おしりの穴の小さい薄らハゲなんだ!
GANREF風な胸焼けがする凝った写真 撮ってんだろ!
鳥が逃げようが そんな事 知ったこっちゃねぇー!

心の中でそう思ったが 相手の気分を概してしまったのだから すぐ謝罪しました

撮影現場では しばしば撮影の邪魔になる行為を他人から受ける事はある
勿論 コチラの邪魔をしようなんて気はなく コチラが勝手に邪魔だと思っているだけだ

他のフォトグラファー 観光客 釣り人と電気ウキ カップル BBQの煙など色々ある 

みんなそれぞれの目的で現地に来て それぞれ楽しんでいるのだから 文句をつけるのはおかしい
もし どうしても撮影の邪魔になるのなら その人に事情を話して協力してもらう手だってある
我々 フォトグラファーはどうしても思い通りの作風的に撮影するためにピリピリするかもしれない
シャッターチャンスは場合によっては とても限定されるパターンだってあるのも知っている
私の場合は1時間に1本のバスを追いかける シャッターチャンスはせいぜい10秒程度しかない
当然 一般車が画面に入ったり婆さんが横切ったりしたら それでNGなんです

私はそんな時でも文句を言った事がない 勿論 言いたくて仕方がないのは確かだが・・・
言ったってしょうがないでよ? 「そんなの関係ないでしょ!」って言われるのがオチでしょ?
撮影現場で起きた事は他人のせいにせず
すべて自分の中で処理するのが当然!


ぐっとこらえようじゃないか!  それが撮影マナーだと思う 
勿論 私も無神経に歩き回ったことは反省し 今後の撮影の役立てるつもりだ

DSC_5020.jpg

そんなこんなで私が代わりに幻想的な水鳥を撮ってみました
夜の鳥は狙い目かも知れません ずっと動かないでいますから バルブ撮影も出来ます

  追伸

実は私 その人と友達になりたかったんです・・・だから挨拶にいったんです
35mmフルサイズ白レンズを扱っているなら腕に覚えのある人なんでしょうから
暫くしてから コンビニでお菓子とか飲み物とか差し入れを用意して
もう一度 「先ほどは どうも失礼しました」と謝罪して 許してもらおうと
現場に行ったが その人の姿はもうなかった 夜までやると言っていたのに・・・

私は信じたい その人が何故いなくなってしまったか
「つまんない事言っちゃったな・・・バツが悪いから帰るか」 そんな気持ちでいた事を