FC2ブログ

モノクロでいこう! 城ヶ島

  • カテゴリ:未分類
DSC_5629_00002.jpg

モノクロが好きです 何でだかは分かりません


DSC_5636_02_00003.jpg

枯れたアジサイ  色があると枯れた様子が醜いと思う人が多い
モノクロにしてしまえば 少しは見やすくなると思うが 伝わらない部分も出てくるね

DSC_5628_00001.jpg

上の2枚とはちょっと違う仕上げをしてみた 昔の白黒写真のようにしてみた


DSC_5659_00004.jpg

錆たトタン張りの倉庫 モノクロも好きだけど  錆びた物も好きです
赤錆なんだから 本当はカラー仕上げの方がいいんでしょうけど・・・


DSC_5660_00005.jpg

モノクロ写真好きの人々が好む被写体にクロームメッキされた物がある 艶とかヌルっとした感じがいいんです
この写真の仕上げはフツーのモノクロではありません しらっとセレン調に仕上げています


DSC_5683_00006.jpg

ギラリ!  ギラリと光ったハイライト部を適正露出として撮影するとシャドウ部は完全に黒つぶれ
見せたくない物はみんなシルエットにしちゃいました 実際はここまでつぶれてはいなかったけど


DSC_5712_00007.jpg

前回も登場したリアカー  今回はモノクロで再登場




スポンサーサイト



リアカーのある風景   城ヶ島漁港にて

  • カテゴリ:
DSC_5644_01_00001.jpg

 ここは城ヶ島の漁港です 以前もやりましたが 今回もまたリアカー特集です
ここには多くのリアカーが存在します 現役で活躍しているもの リタイヤしているものまで色々です

今回はリアカーとリアカーの写真の間に漁港のちょっとした風景をはさんでお送りします


DSC_5648_00002.jpg



DSC_5654_00003.jpg



DSC_5658_01_00005.jpg

私は被写体の雰囲気に応じて ホワイトバランスやピクチャーコントロールを調整してRAW現像していますが
時として良い場合と悪い場合があると思います 

今回は旅のレポート的な雰囲気なのでこれでいいと思いますが 
プロのカメラマンは個展などでテーマを絞って展示する場合など
写真の雰囲気を統一していますね 見ている人が疲れないようにかは解らないが・・・

私はどっかの旅雑誌や写真雑誌に無意識のうちに影響を受けているのか つまらん物体にカメラを向け
「これが趣があるんだよ」的なイメージで写真を撮るのが好きです  だから そのような雑誌で
自分に似た撮り口(自分が寄せているのだが)で撮られているのを見ると 嫉妬さえ覚えてしまう(笑)
もっと もっと上手くなりたいと

まぁ ど素人の自己満ブログなのでどうでもいいか


DSC_5656_01_00004.jpg

どう? 突然モノクロが出てくると 頭を切り替えて見なきゃならなくなる・・・疲れるでしょ?
これはゴチャゴチャしている風景だからモノクロで色の情報を削減してシンプルに表現してみました


DSC_5700_00007.jpg

オイルだと思う  突っついてみたらトロっとしてたから



DSC_5709_00008.jpg

ここ数日は360度カメラばかり使っていたから 久しぶりにフルサイズを使ってみたけど
やっぱり王道と呼べるクオリティの写真が撮れて安心するね・・・当たり前だけど

使い分けが大事だと 「道具を上手く選択して写真を撮れ!」ってことなんだろう


DSC_5698_00006.jpg

全天球撮影カメラ THETA SC2 Businessによる 作品2 と仕上げソフト

  • カテゴリ:未分類
IMG_4812_00001.jpg

リコー360度カメラ THETAによる作例(まだ試し撮りレベルですが)

thetaplus_20200703095137959_00004.jpg

画像の中心を見るとココが撮影地点 1脚スタンドの影と何故か私の影だけ?
そうそう これはタイムラグ撮影モード 最初に5秒のセルフタイマー後に正面のレンズで撮影して
また5秒のセルフタイマー中に正面のレンズ側に身を移動して裏側のレンズで撮影します
この2枚をカメラ内 合成で1枚に仕上げるのがタイムラグ撮影です
明暗差を抑えるためにHDRで撮影される 不動産屋の内覧会にこのカメラは重宝するらしいです

thetaplus_20200705201313467_00005.jpg

ミラーボールと呼ばれる出力の方法 THETA専用ソフトで再生すれば円形の部分だけ見られる


thetaplus_20200705202501447_00006.jpg

プラネットと呼ばれる出力の方法 「星の王子様」を思い出します バオバブの木じゃないけれど

2回ほど試し撮りをしてみましたが このカメラはスチール写真よりもムービーの方が面白いんじゃないかと
どこか撮影に行って パッと使えるかというとチョット難しい 表現方法が極端なので
作品のテーマや被写体をかなり選ぶようなイメージを持ちました
既存のカメラで数枚撮ったポートフォリオの中に1枚ぐらいこれが入ってチョットしたアクセントに
なるんじゃないかと今のところはそんな感想を持ちました


DoX FilmPakc5という仕上げソフト(30日無料トライアル用)

仕上げソフト? そんなのある? これは現像ソフトでもないしレタッチソフトでもない
これはデジカメで撮影したデーターを往年のフィルムで撮ったような表現にしてくれるソフトです
フィルムシミュレーションソフトって呼ぶのかな?  まぁ いいや 実際にやってみました

6

左上から下に         右上から下に

FUJI astia100F       クロスプロセス仕様
コダクローム64        コダック TRI-X400
エクタクローム100      コダック T-max400

どうでしょうか? 懐かしいですか? 私もです(笑)
どう見てもキャノン EOS M3で撮ったとは思えない仕上がりですね
実際の現場は左の真ん中のコダクローム64仕様が一番近い状態ですが
私の好みは その下のエクタクローム100が好きです

ちなみにパートカラーで撮って さらにWBをいじった夕焼けを意地悪くシミュレーションしてみました

IMG_4014_00002.jpg

これが元画像です


generic kodak ektachrom_00001

これがgeneric kodak ektachrom  赤色の協調はすごいですね!

redscale100_00003.jpg

おおっ! ノーマルな夕焼けに近い雰囲気ですね これはredscale100です
元画像がこんなにオレンジ色を強調した非現実的な色あいに変化してしまうのです
これは驚きであります

あと5日で無料トライアル終わっちゃうな~(笑)